指導

 

最近、特にカードローンの会社名やCMを目にする機会が増えたと思いませんか?
貸金業法が改正されたことによって消費者金融に総量規制が適用され、カードローン会社の動向も日々進化をし、各社の競争はより激しくなっています。
一時期の不況から改善されてきた経済情勢も、1個人で見ればまだまだ裕福に変わったとは言えず、不安定な収入の中でカードローンを利用している人がたくさんいます。
また、カードローン会社を利用する人が長期的なお金に困っている人ばかりではなく、緊急で必要になったから利用している人もおり、各社を比較すると金利や審査だけではなく、便利であるか、プランがしっかりしているか、など複数の選び方が必要になってきています。

 

★カードローン会社は何社あるか

カードローン会社が日本に何社あるかご存知でしょうか?
一度は名前を聞いたことがあるところだけで選抜しても、20社を超えてきます。
カードローン会社は大きく3種類に分けることができます。
銀行カードローン、クレジット・信販会社カードローン、そして消費者金融カードローンです。
銀行カードローンは大手だけではなく、ほぼ全ての銀行でサービスが展開されています。
クレジット・信販会社も聞いたことがある有名なところはほとんどがカードローンを展開していますし、消費者金融系でも銀行と手を組んで商売の幅を広げてきています。

 

★カードローン各社の比較

それぞれのカードローン各社には特徴がありますが、金利に関してはさほど大きな変化はありません。
比較するのであれば、銀行カードローンの中で比べるのではなく、銀行カードローンとクレジット、また銀行と消費者金融、といった分類がそもそも違う会社同士で比較してみるとよく分かります。
銀行は金利が低い代わりに審査に通りにくく、消費者金融系になれば金利は高くなりますが、審査は甘くなってきます。

 

★カードローンの選び方

金利にさほどの差が出てきていないとはいえ、カードローンの選び方として一番重要なのは金利であることに間違いありません。
また、お金が必要な時期と照らし合わせる必要があります。
いずれ必要になってくるだろう、または計画的に借りる予定があるような場合には、銀行カードローンから考えるのが良いでしょう。
逆に、すぐにでもお金が必要になるのであれば、クレジット系や消費者金融系の方が手軽で早く審査を通してくれます。
自分がお金を借りる状況に合っているカードローン会社を選ぶようにしましょう。