高層ビル・青空

 

カードローンの延滞を継続していると、ブラックリストに掲載されることになり、気付いたら対処法が手遅れとなっていることもあります。
弁護士に相談をするようにしてリスクを回避し、踏み倒しなどはしないようにしなければなりません。
ブラックリストに掲載されることで、他の金融機関への借り換えに影響があります。
カードローンのリスクについてまとめていきます。

 

■返済が遅れるとどうなるか?

カードローンの返済が遅れるからといって、怖いお兄さんが取り立てに来るようなことはありません。
職場への連絡や、遅い時間の電話などは法律で禁止されており、訪問についてもしっかりとしたルールで実施されるようになりました。
カードローンの返済遅延によって、私生活が大きく揺さぶられるようなことはありません。
しかし、お金を借りて返していないのは自分が悪いということを反省しなければなりませんし、電話連絡や督促の手紙はもちろん存在します。
激しい取立てがないからといって安心するのではなく、遅延したら速やかに返済するようにしてください、

 

■ブラックリストへの掲載タイミング

カードローンの返済を延滞すると、すぐにブラックリストに掲載されるわけではありません。
遅延してから3ヶ月以内は、通常通りに返済することでリストへの掲載はありません。
しかし、一度遅延すると返せなくなることも多いです。一度ブラックリストに載ると、5年間は名前が消えませんし、他の金融機関への借り換えも出来ません。
返すことができないと判断したら早めに弁護士に連絡し、しかるべき債務整理も頭に入れておくようにしましょう。

 

■カードローンは踏み倒しできる?

カードローンの返済を踏み倒すことはできません。
お金を借りているわけですから、しっかりと返しましょう。
踏み倒す行為をして、後々大変なことになるよりは、ブラックリストに掲載される前に早めに弁護士に相談しておくことをおすすめします。
返済を遅延してしまうと、次の月に返済するのが余計苦しくなります。
返済計画の立て方には十分に注意をしてカードローンを利用するようにしてください。