女性社員

カードローンでお金を借りる場合、金利や限度額などが気になりますが、お金を借りた後に発生する「返す義務」について忘れてはいけません。 カードローンの返済を延滞し続けると、俗に言うブラックリストに載ってしまいますカードローンを利用する場合の注意点、またブラックリストに載るとどうなるのかを説明していきます。

★そもそもブラックリストとは?

カードローンやクレジットカードなどにおいて、支払いが延滞してしまうと「ブラックリストに載る」と誰もが知っています。 このブラックリストは俗称であり、正確には「個人信用情報機関」といいます。 個人信用情報機関には、お金を借りた人が延滞することなくお金を返しているか、支払いが滞ってないかなどの情報が掲載されています。 カードローンに申し込むと、審査のために個人信用情報機関から情報を取り寄せます。 ここに名前が載っていると審査が厳しくなるようになっているのです。 過去に延滞を続けてしまっていてもバレるようになっているのです。

★ブラックリストに載らないためには?

カードローンを利用するからには、ブラックリストに載っていないことが重要であり、またカードローンの返済を延滞してブラックリストに載らないようにしておかなければなりません。 ブラックリストに載らないための注意点は、しっかりとお金を返すということです。 一度ブラックリストに載ってしまうと、永久に載り続けます。 無理な計画を立てるのではなく、利息まで計算した返済計画を立てて置くことが重要です。

★ブラックリストに載る猶予

ブラックリスト(個人信用情報機関)に名前が掲載されるのにも少し猶予があります。 1回、2回の延滞では掲載されず、3ヶ月ほどの遅延が発生するとブラックリストに掲載されるようになります。 1回の支払いミスや振込みミスなどにおいては、返済に関して悪気がないと判断するようにしているのです。 ただし、これも正確な情報とは言えません。1回でも延滞すれば、それは約束が守られていないことには違いありません。 支払いが延滞すると、カードローンで追加借り入れはできませんから、決められた日には入金するようにしましょう。