young asian woman lifestyle image

 

テレビのCMを見ていると、「カードローン」のキーワードをよく耳にします。
電車に乗っていてもカードローンの広告が増えましたよね。
しかし、お金を借りることをキャッシングと呼んでいる人もたくさんおり、その違いは分かりにくいものです。
カードローンの名前をよく耳にするようになった経緯、サービス内容、呼び方の違いなどについてまとめてみます。

★キャッシングは消費者金融?

消費者金融でお金を借りることをキャッシングと言います。
正確に言うと、キャッシングと「言っていた」という表現が正しいでしょうか。
2010年6月、賃金業法にて総量規制が入ったことにより、個人でお金を借りることができるのは、年収の3分の1までとなりました。
返済することが難しくなった多重債務者が大量に増えたためです。
総量規制が始まり、多重債務が話題になったことから、消費者金融でお金を借りる人がいなくなっていきました。
今では、大手銀行と手を組むようになっており、キャッシングという言葉のイメージもカードローンへと切り替えるようになったのです。
現在のキャッシングという呼び方は、クレジットカードを利用して現金を融資される時によく聞きますね。

 

★カードローンのイメージ

カードローンと聞くと銀行系のイメージが強くなりました。カードローンとキャッシングの本質は同じと見て良いです。
ただし、銀行系と消費者金融系ではサービス内容に差があります。
銀行系のカードローンと消費者金融系のカードローンでは審査の厳しさが違います。
銀行系の方が審査が通りにくくなっているのです。
ただし、金利については銀行系の方が低く設定されているため、長い目で見れば銀行系のカードローンの方がお得ということになるのです。

 

★カードローンの使い方

キャッシングサービスと呼ばれていたときと同じように、消費者金融系のカードローンは使い勝手が良いサービス内容となっています。
審査が銀行に比べると甘くなっており、お金を融資してもらうまでの時間も短いです。
緊急でお金が必要になるような場合には、消費者金融系のカードローンの方が手軽に利用できると言えるでしょう。
使うシーンに合わせてカードローンを選択してください。