Month: 6月 2015 (Page 2 of 3)

「アコムの評判と口コミ」

カフェでパソコンをしている男性

 

CMでもよく耳にする「アコム」は大手消費者金融の1つです。
一時期は多重債務者が社会に溢れ、貸金業法の変更などにより、消費者金融にとっては非常に厳しい情勢になっていたのですが、今はバックに三菱東京UFJ銀行というメガバンクがいるために、安心して利用することができるようになっています。
アコムのカードローンが評判になっている点やおすすめできる部分についてまとめます。

 

★24時間365日

アコムのカードローンを利用する最大のメリットは、24時間365日、申し込みができるという点です。
一般的な銀行系カードであれば土日はお休みですし、消費者金融系でも深夜に対応してもらえるところは少ないです。
初めてのアコム、と聞きますが最初にカードローンを利用する会社としては活用しやすくなっています。
急に現金が必要になることは何も日中だけとは限りませんから、いつでも申し込める体制は嬉しいですよね。
もちろん、お金を引き出すのも24時間対応しています。

 

★三菱東京UFJ銀行との関係

アコムのカードローンの裏には三菱東京UFJ銀行がいます。
至るところに店舗がありますことによって、アコムのカードローンにもメリットがあるのです。
アコムのカードローンをネットで申し込むと、三菱東京UFJ銀行の窓口でカードを受け取ることができます。
しかもテレビ窓口での対応となりますから、周りの目を気にする必要もありませんし、プライバシーが守られます。
また、アコムの評判がいいのはカードのデザインが目立たないという点です。
周りの友達や家族にはカードローンを利用していることばバレにくいところもおすすめです。

 

★審査スピード

三菱東京UFJ銀行の窓口や、無人窓口において審査をしてもらうことができます。
仮の審査はあっという間に終わり、本審査も30~40分で完了させることができます。
金額にもよりますが、運転免許証があればあっという間にカードが発行されるという流れになっているのです。
申し込みに手間がかからない、引き出しも簡単だというところから手軽に利用できると評判になっており、急にお金が必要になる人にはおすすめしたいカードローンになります。

「セゾンファンデックスの評判と口コミ」

家計簿を書く女性

 

セゾンファンデックスはクレディセゾングループから生まれた消費者金融業者で、カードローンのサービスがVIPローンカードです。
最近でこそ、銀行系のカードローンが増え、お金を借りる幅が広がりました。
また、総量規制が入ったことで、消費者金融は年収の3分の1以上のお金を貸すことが出来なくなりました。
その中でも、セゾンファンデックスが評判になっている理由やおすすめするポイントをまとめています。

 

★消費者金融の手軽さ

銀行系のカードローンが増えたのは確かですが、まだまだ消費者金融系のカードローンを利用する人の方が多いです。
やっぱり個人単位でお金を借りる、急な事情でお金を借りる、といった状況ではセゾンファンデックスのような消費者金融の方が手軽に利用することができます。
VIPカードローンは名前も世間に知られていますから、利用する人のイメージも強く影響しているのです。
銀行は堅い、めんどくさい、のイメージの方が強いために敬遠される背景もあります。

 

★審査が甘い

消費者金融系のカードローンの方が、銀行系のカードローンよりも審査が甘くなっています。
銀行系のカードローン審査に落ちてしまった人がVIPカードローンに申し込むこともあります。
ただし、賃金業法が変わり、総量規制が影響されるようになってからは、審査の目も厳しくなった感覚を受けます。
この法律が適用されるまでは多重債務者が世間に増え、複数のカードローンを組んでは自己破産をしていくような流れがありました。
消費者金融系の会社がお金をどんどん貸していったことで返済が出来なくなる人が増えていったのです。
昔から最低限の審査はしてきていますが、今は特にお金を返す能力が備わっているのかをしっかりと見られるようになりました。

 

★即日対応と金利について

消費者金融系のカードローンであるセゾンファンデックスのVIPカードローンは、即日審査、即日融資が可能です。今すぐお金が必要になった、という人におすすめできますね。ただし、午前中に申請をする必要があり、早ければ早いほど融資までの時間が短くなります。金利は11.8%となっており消費者金融系ではかなり低い設定になっていることも評判が高い理由の一つです。

「セブン銀行の評判と口コミ」

salesclerk of convenience store raising hand

 

手軽に利用できるカードローンとして評判になっているのがセブン銀行のカードローンです。
セブン銀行は店舗がありませんが、みなさんが耳にする機会が多いのはセブンイレブンに設置されているATMではないでしょうか。
セブンイレブンは全国にコンビニを展開していますから、ATMの利用者数もかなり多いです。
セブン銀行はセブンイレブンが持っている利便性をフルに活用しており、シンプルで分かりやすく簡単な制度にしています。
セブン銀行のカードローンをおすすめするポイントをまとめました。

 

★スピード審

セブン銀行のカードローンといったら、なんと言ってもスピード審査です。
大手の消費者金融系カードローンであっても最短20~30分の審査が必要なのですが、セブン銀行は何と10分です。
申し込みをして、ふとしたら審査が通ってしまっています。
必要書類は不要で、ネットから簡単に申し込めて、返信もメールと非常にシンプルですね。
ただ、借りられる上限額は低めに設定されているのも特徴の一つです。
収入証明などの書類を不要としているため、融資額も低くなっているのです。

 

★融資上限額と金利

非常にシンプルなプランになっているセブン銀行のカードローンは、使い勝手が良いと評判になっています。
融資額は、10万円、30万円、50万円の3パターンしかありません。
100万円借りようと思っても借りることはできません。そして、全ての金利が15%となっています。
一見、15%は高めかな?と思うかもしれませんが、少ない金額を他のカードローンで借りると、17~18%が平均となっていますので、10万円の融資でも15%というのはおすすめできるポイントです。
また、最大の特徴は返済額が少額から設定できることです。
10万円のカードローンでは、1ヶ月に返済する最低金額は5千円となっています。
ゆっくりと返済計画を立てたい人には嬉しいプランとなっています。
急にお金が必要になった時は、少額のことが多いですし、ネットで申し込んで10分で完了するのであれば、小回りが利きます。
返済はセブン銀行のATMで可能ですし、手数料もかかりません。シンプルで分かりやすいカードローンと言えます。

「住信SBIネット銀行の評判と口コミ」

部屋でパソコンを使う女性

 

住信SBIネット銀行は、住友信託銀行とSBIホールディングスによる共同出資で生まれたネット銀行です。楽天銀行やジャパンネット銀行と同様に店舗やATMを持っていない銀行になります。設立が2007年ですからまだまだ若い銀行だと言えますね。住信SBIネット銀行が展開しているカードローンサービスが「Mr.カードローン」で、ネット銀行を好んでいる人たちからの評判が高いです。おすすめしたいポイントを中心に、「Mr.カードローン」のご紹介をします。

 

★ネット銀行のメリットとデメリット

実店舗を持たない銀行には多くのメリットが存在しています。店舗がありませんから、申し込みをその場ですることができません。面と向かって詳しい話をきけるような人がどこかに座っているわけではないのです。その反面、店舗がありませんから余計なコストを抑えることができます。ネットでの申し込みに抵抗がない人にとっては、ネット銀行のメリットを存分に受けることができますからおすすめできますが、しっかりと窓口で申請をしたい!と言う人には合いません。

 

★金利が低いことが特徴

住信SBIネット銀行の「Mr.カードローン」は他の銀行と比べても金利が低いことに評判があります。ネット銀行であるが故、必要最小限のコストで運営をしているからともいえます。ネット銀行も銀行ですから、総量規制に含まれず、年収の3分の1以上の融資を受けることができるのもおすすめできる点です。更に、SBI証券に口座がある人や住宅ローンを組んでいる人は0.5%金利が下がるために、複合的な利用が効果的です。

 

★審査は厳しい

メリットが多い住信SBIネット銀行のMr.カードローンですが、金利が低いこともあって審査は厳しいと思っておいてください。消費者金融系のカードローンに慣れている人は、特に厳しさを感じると思います。Mr.カードローンの一番理想的な利用方法はおまとめローンです。他でローンを組んでいる人が、全てまとめてMr.カードローンにすることで、毎月の支払額が大きく変わります。審査に時間がかかりますから、カードローンや他のローンをまとめてしまいたいと思っている人は、長期で計画を立てて申し込みを検討してみてください。

「じぶん銀行の評判と口コミ」

若いビジネスウーマン

 

三菱東京UFJ銀行とKDDIの共同出資で出来た「じぶん銀行」もカードローンのサービスを展開しています。
じぶん銀行のカードローン、「じぶんローン」についてのおすすめポイントや、他のカードローンと比較した場合の評判などをまとめてみます。

 

★三菱東京UFJとKDDIの共同出資であること

じぶん銀行は、三菱東京UFJ銀行とKDDIの共同出資で生まれた銀行です。
銀行の出資で銀行が生まれるというのも不思議な感じがしますけどね。
じぶん銀行は、楽天銀行やジャパンネット銀行と同じようにネット銀行であり、実店舗を持っていません。
KDDIが出資しているのも、ネット回線やスマートフォンの利用を促進するためだと考えられます。
じぶん銀行では、スマートフォンで利用実績の確認ができますし、口座の開設もできます。
じぶんローンにおいてもスマートフォンを利用したサービスが今後も充実していくことが予想されます。

 

★即日借り入れが可能なカードローン

じぶん銀行の「じぶんローン」は、銀行としては珍しく、即日借り入れが可能な点が評判を上げています。
ただし、即日融資に対応しているのはじぶん銀行の口座を持っている人だけです。
ネットから申し込みができますから、口座開設から申し込み完了まであっという間です。
すぐにカードローンを利用したいと言う場合には難しいですが、事前に口座を開設しておき、カードローンの申し込みまでしておくとすぐに利用できるのでおすすめです。

 

★金利が高め

じぶん銀行を他のカードローンと比較すると、少しリスクを取り過ぎているイメージがあります。
まず、金利については他の銀行ローンよりも高めです。
本当の金利勝負になったらデメリットとして捉えられるかもしれません。
また、融資額に応じた金利が不透明な部分もデメリットの一つかもしれません。
ただし、じぶん銀行は総量規制の対象外であるため、じぶんローンを利用すれば年収の3分の1以上のお金を借りることができます。
ネット銀行で、多額の融資を受けるということに抵抗がない人であれば、このメリットを活かすのはおすすめします。
この先、ネット、スマートフォンを利用したサービスやポイント制度、活用の幅が広がっていけば自分ローンの活用度合いも増えていくことでしょう。

「三井住友銀行の評判と口コミ」

中之島の街並

 

銀行系のカードローン会社だけでも20社を超え、消費者金融系まで含めればカードローンの利用範囲が広くなりました。
その中で、銀行系大手の三井住友銀行が展開するカードローンについて評判とおすすめポイントをまとめてみます。

 

★プロミスとの提携

2010年、賃金業法の改正が入り、消費者金融系を助ける形で銀行との協力体制が作られました。
三井住友銀行が協力するようになったのはプロミスです。
消費者金融系の企業と協力することは、銀行にもメリットがあり、これまでの銀行融資では分からなかった現状や施策について良いところを取り入れるようになったのです。
数値化するのは難しいですが、プロミスとの提携後に融資をしてくれる額、機会などが増えてきたと評判になっています。

 

★三井住友銀行カードローンの審査について

銀行系のカードローンは消費者金融系と住み分けをしていたこともあり、審査には非常に厳しかったのですが、三井住友銀行のカードローンは、30分で即日融資が可能となりました。
無人契約機が増えていることで手軽さは更に増しました。
キャッシングサービスといえば消費者金融系の名前が前に挙がり、まだまだ手軽さでは勝てないところがありますが、銀行系のカードローンのCMが増え、消費者に安心感を与えていますので、急にお金が必要になったとしても審査にかかるスピードが早いので利用範囲は広がりました。

 

★三井住友のカードローンのおすすめポイント

カードローンのサービスを展開しているからといっても銀行は銀行です。
三井住友銀行に口座を持っている人は、返済方法の選択肢がたくさんありますし、直接口座に融資してもらうことができます。
元々三井住友銀行に口座を持っている人は、他の銀行系カードローンよりも利用価値が高いと言えます。
また、カードローンを利用する手数料が無料になっており、コンビニのATMでいつもお金をおろしている人にはおすすめしたいですね。
コンビニにATM機が増え、お金をおろす利便性が上がっているからこそ、三井住友銀行のカードローンは使いやすくなりました。
コンビニであれば、いざと言うときにもお金をおろしやすいため、三井住友銀行カードローンの評判が上がったのです。

「カードローンはこんな時に便利」

部屋でスマートフォンを見る女性

 

毎日のようにカードローンを使っているような人はおらず、タイミングやシーンに合わせて使いこなしている人がほとんどです。
いきなりお金が必要になるときに使われることが多いカードローンですが、他にどのようなシチュエーションで利用すると便利なのかをまとめてみました。

 

★カードローンはもしものために

いきなりお金が必要になることを想定して、カードローンにあらかじめ申し込んでおくと良いです。
いきなり今日必要!というシチュエーションが訪れても今はカードローンの審査が30分で完了し、即日に融資を受けることができます。
ただ、焦って申込をするとカードローン会社を比較する時間もありませんし、心の準備もできません。
いきなりお金が必要になるシーンに遭遇しないと、この感覚は分かりにくいかもしれませんが、事前にカードローンの申込をしておき、いざと言うときのために準備しておくといいでしょう。

 

★いきなりお金が必要になるシチュエーション

カードローンを利用するシチュエーションとして多いのが、冠婚葬祭です。
友達が結婚式をする、もちろん披露宴などに呼ばれている場合には早めに連絡がありますが、2週間前くらいに知らせを受けるとお金の準備ができません。
事前に知っていたとしても、次の給料からお祝い金を全て引くと生活を圧迫することもあります。
お葬式については本当にいきなりの連絡ですよね。
いきなりお金が必要になる冠婚葬祭時に使われることが多いですね。

 

★事故や事件などでいきなりお金が必要になるシチュエーション

街中を歩いていてどうしても欲しいものが現れたときにカードローンが使われることが多いと言う人もいますが、大抵そういった場合にはクレジットカードを利用するものです。
カードが利用できないくらいの少額のものであれば、カードローンはそもそも利用しませんからね。
どちらかというと急な事件や事故のシーンに遭遇した際に、いきなりお金が必要になることの方が多いです。
車の事故や、テレビなどの家電製品が故障した時などですね。クレジットカードではなく現金でなければならないようなシチュエーションが訪れることを想定して、カードローンの準備をしておくと便利です。

「カードローンと消費者金融の違いは?」

タブレットを見る女性

 

今となってはお金を借りるのに、昔の消費者金融のようなイメージはなく、カードローンも銀行名でサービスを展開しています。
消費者金融系のカードローンにおいても銀行の中に入っている業者もありますし、消費者金融だけでサービスを展開する機会は減っています。
それでも消費者金融系のカードローンも独自のサービスを展開してきています。
カードローンの違いを中心にまとめてみました。

 

★銀行系と消費者金融系の違い?

銀行系のカードローンは、賃金業法に入りません。
消費者金融会社が審査を甘くしてお金を貸し続けた結果、多重債務者が巷に溢れるようになりました。
そのため、賃金業法では2010年に総量規制という年収の3分の1以上のお金を消費者金融から借りることを禁止しているのです。
銀行系カードローンでは総量規制に引っかからないため、少し裕福な方や返す自信がある方(審査が通りやすい方)を中心として利用されています。
それでも、お金に困っている人は今すぐにでも融資してもらいたいと思っていますし、審査も甘くしたいというところから、消費者金融系のカードローンの利用を真っ先に考えているのが現状です。

 

★消費者金融会社の今

多重債務者が増えたことや法律が厳しくなったことで消費者金融会社は経営が大変でした。
そこで、銀行名でサービスをするようになったのです。元々は、銀行と消費者金融では顧客ターゲットも違いますし、うまく業界内で住み分けができていました。
銀行と協力をすることによって世間のイメージを変え、消費者金融のサービス名をキャッシングからカードローンへと変えてきたのです。

 

★どちらを利用するか?

銀行系カードローンと消費者系のカードローンのどちらを利用するか迷うところです。
金利は銀行の方が低いのですが審査が厳しくなっています。
消費者金融系の場合はその逆ですね。
もし、急ぎで融資が必要というのであれば、消費者金融系の方がいいでしょう。
今は30日間無利息キャンペーンなども展開しており、リピートユーザーを増やすことに必死になっています。
サービスの質にも変化がなくなってきていますし、取り立ても厳しいものではありません。
今の消費者金融系カードローンであれば、安心してサービスを受けれると思って良いでしょう。

「返済時に取り立てなどはないのか!」

苦悩するビジネスマン

 

カードローンでお金を借りて返済が滞納しても昔のような厳しい取り立てはありません。
取り立てについては賃金業法で厳しく定められていますので、無茶な取り立ては違法になってしまいます。
違法行為をすると商売そのものをすることができなくなりますから、昔のような取り立てがなくなったのです。現在の規制と、カードローンの取り立てについてまとめました。

 

★厳しい取り立ては来ない?

カードローンを遅延してしまったからといって、焦る必要はありません。
テレビドラマで見るような厳しい取り立てがあったのは昔のことです。
賃金業法による規制によって取り立ての制限がかかっています。
例えば、午後9時から翌朝の8時までは電話やFAX、訪問による督促をしてはいけません。
また、連帯保証人以外の家族関連へ督促をすることも禁じられています。
そのため、少し遅延したくらいでは訪問されることもなく、計画的に返済をすれば取り立ての怖さを味わうこともありません。

 

★返済できない場合の流れ

カードローンで借りたお金が返済できなくなった場合、まずはハガキや電話、FAXでの督促があります。
今の時代、昔と違ってものすごく丁寧な対応をされます。
ハガキであれば、最後に「入れ違いだったらご了承願います」といった感じですね。
ただ、こういった丁寧な対応に甘えていると、いきなり内容証明が送られてくることになってしまいます。
内容証明には、○○までに返さなければ訴訟になりますよ、というものですね。
取り立てとは違いますが、本気で返さなければならない緊張感があります。

 

★計画的な利用

返済を遅延しても昔のような厳しい取り立てがないからといって、カードローンに返済する義務がなくなるわけではありません。
そもそも、お金を借りたら返すのが当たり前、規制に守られているからといって延滞してしまった自分が一番悪いことには違いありません。
カードローン会社からの督促の次には内容証明となるのですが、内容証明が送られてくる前には決着をつけるようにすべきです。
どうしてもお金の返済が出来ない場合などは、弁護士などに相談をして自己破産手続きなどを検討するようにしましょう。

「キャッシングとは言わないの??」

young asian woman lifestyle image

 

テレビのCMを見ていると、「カードローン」のキーワードをよく耳にします。
電車に乗っていてもカードローンの広告が増えましたよね。
しかし、お金を借りることをキャッシングと呼んでいる人もたくさんおり、その違いは分かりにくいものです。
カードローンの名前をよく耳にするようになった経緯、サービス内容、呼び方の違いなどについてまとめてみます。

★キャッシングは消費者金融?

消費者金融でお金を借りることをキャッシングと言います。
正確に言うと、キャッシングと「言っていた」という表現が正しいでしょうか。
2010年6月、賃金業法にて総量規制が入ったことにより、個人でお金を借りることができるのは、年収の3分の1までとなりました。
返済することが難しくなった多重債務者が大量に増えたためです。
総量規制が始まり、多重債務が話題になったことから、消費者金融でお金を借りる人がいなくなっていきました。
今では、大手銀行と手を組むようになっており、キャッシングという言葉のイメージもカードローンへと切り替えるようになったのです。
現在のキャッシングという呼び方は、クレジットカードを利用して現金を融資される時によく聞きますね。

 

★カードローンのイメージ

カードローンと聞くと銀行系のイメージが強くなりました。カードローンとキャッシングの本質は同じと見て良いです。
ただし、銀行系と消費者金融系ではサービス内容に差があります。
銀行系のカードローンと消費者金融系のカードローンでは審査の厳しさが違います。
銀行系の方が審査が通りにくくなっているのです。
ただし、金利については銀行系の方が低く設定されているため、長い目で見れば銀行系のカードローンの方がお得ということになるのです。

 

★カードローンの使い方

キャッシングサービスと呼ばれていたときと同じように、消費者金融系のカードローンは使い勝手が良いサービス内容となっています。
審査が銀行に比べると甘くなっており、お金を融資してもらうまでの時間も短いです。
緊急でお金が必要になるような場合には、消費者金融系のカードローンの方が手軽に利用できると言えるでしょう。
使うシーンに合わせてカードローンを選択してください。

Page 2 of 3

Powered by WordPress & Theme by Anders Norén