Month: 6月 2015 (Page 3 of 3)

「カードローンを借りるまでの流れ」

住宅を販売するセールスマン

 

窓口でカードローン契約をする流れだけではなく、ネットでも申込ができるようになりました。
カードローン契約の大まかな流れはどちらも同じですが、ネットで申込ができることで申込者は手軽にカードローンを利用できるようになりました。
ネットの申込流れも自宅だけではなく、無人店舗でも可能となっており、カードローンを利用する幅が広がっていると言えます。
カードローン契約時の必要書類や申込の流れについて整理していきます。

 

★審査から始まる

カードローン契約の依頼をすると、カードローン会社が信用情報機関から情報を収集して審査に入ります。
これは窓口でもネットでも同様です。
信用情報機関には、これまでのクレジットカード履歴やローン返済履歴などが登録されており、審査で一番重要な延滞履歴がチェックされることになります。
信用情報審査を仮審査として、問題がなければ本審査へと移っていくのですが、ネットでの申込はスピードが各社のウリになっていることもあり、いきなり本審査と同様のチェックになることもあります。

 

★窓口とネットでの申込の違い

カードローン契約では、窓口でもネットでも全体的な流れは同じです。
大きく違うところといえば、審査にかかる手間と時間の問題といえます。
ネットで申し込みができる消費者金融関連のカードローンと比べると、銀行のカードローンの方が審査は厳しいのですが、金利は低くなっています。
窓口で安心した申込をしたい、急がないから高額の金額融資を考えている、といった人は窓口でしっかりと説明を聞きながらの申込が良いでしょう。
その際、銀行系であれば在籍確認という電話が会社に入ることがあり、本当にそこで働いているのかをチェックされます。
最近では銀行系のカードローンもネット申込を受け付けているので、審査の基準すらあれど、利用する立場からすればさほど差を感じなくなってきています。

 

★必要書類について

窓口申込でもネット申込でも本人確認書類は必須です。
ネット申込の場合は、写真でもOKのところも多く、手軽に申請ができます。
また所得証明についても必要になりますので、事前に市役所などで取得しておく必要があります。
窓口申込の場合は、カードを窓口で受け取れますが、ネットの場合は郵送になります。
家族にバレたくない場合などには注意をしておかなければなりません。

「延滞続きだとブラックリストに入ってしまう」

女性社員

カードローンでお金を借りる場合、金利や限度額などが気になりますが、お金を借りた後に発生する「返す義務」について忘れてはいけません。 カードローンの返済を延滞し続けると、俗に言うブラックリストに載ってしまいますカードローンを利用する場合の注意点、またブラックリストに載るとどうなるのかを説明していきます。

★そもそもブラックリストとは?

カードローンやクレジットカードなどにおいて、支払いが延滞してしまうと「ブラックリストに載る」と誰もが知っています。 このブラックリストは俗称であり、正確には「個人信用情報機関」といいます。 個人信用情報機関には、お金を借りた人が延滞することなくお金を返しているか、支払いが滞ってないかなどの情報が掲載されています。 カードローンに申し込むと、審査のために個人信用情報機関から情報を取り寄せます。 ここに名前が載っていると審査が厳しくなるようになっているのです。 過去に延滞を続けてしまっていてもバレるようになっているのです。

★ブラックリストに載らないためには?

カードローンを利用するからには、ブラックリストに載っていないことが重要であり、またカードローンの返済を延滞してブラックリストに載らないようにしておかなければなりません。 ブラックリストに載らないための注意点は、しっかりとお金を返すということです。 一度ブラックリストに載ってしまうと、永久に載り続けます。 無理な計画を立てるのではなく、利息まで計算した返済計画を立てて置くことが重要です。

★ブラックリストに載る猶予

ブラックリスト(個人信用情報機関)に名前が掲載されるのにも少し猶予があります。 1回、2回の延滞では掲載されず、3ヶ月ほどの遅延が発生するとブラックリストに掲載されるようになります。 1回の支払いミスや振込みミスなどにおいては、返済に関して悪気がないと判断するようにしているのです。 ただし、これも正確な情報とは言えません。1回でも延滞すれば、それは約束が守られていないことには違いありません。 支払いが延滞すると、カードローンで追加借り入れはできませんから、決められた日には入金するようにしましょう。

「カードローンの上限額は年収で決まる!?」

Image of businesswoman leader looking at camera in working environment

 

カードローンの上限額が決まる際には、様々な要素から判断がされます。
その中でも最重要となっているポイントが年収です。
カードローンにおいては総量規制がありますから、最大でも年収の3分の1しかお金を借りることができません。
しかし、銀行系のカードローンの場合は、総量規制の法律が影響しませんので3分の1以上の融資を受けることも可能なのです。
カードローンの上限額における年収の影響度合い、またどのような要素で上限額が決まるのかをまとめていきます。

 

★年収が最重要ポイント

カードローンの上限額を決定している一番重要なポイントが年収です。
普通に考えれば、年収が100万円の人に、200万円を貸すのは難しいですよね。
パーソナルな情報だけで上限額を決定しますから、数字に表れる年収は判断材料として分かりやすい基準になっているのです。
賃金法に総量規制というものがあります。
これはカードローンを利用する人が多重債務にならないように定められている法律であり、年収の3分の1以上はお金を貸してはいけない、というものです。
総量規制は、消費者金融関連のカードローンに関係する法律なので、銀行には関係がありません。
つまり、法律だけを考えれば銀行系のカードローンであれば3分の1以上の融資が可能ということになるのです。

 

★上限額をアップさせるために

銀行系のカードローンにおいて審査に利用されるものはたくさんあります。
先程説明した年収以外にも、勤続年数や会社の規模、他の借り入れ情報などです。
その中でも、過去の返済履歴は非常に重要なポイントです。
銀行系カードローンにおいて最初の審査で借りたお金を、遅延することなく返済していると信用度は増します。
この人には少し多めにお金を貸してもしっかり返してくれる、と思われるようになるのです。

 

★銀行系のカードローンがおすすめ?

カードローンにも銀行系や消費者金融系など区分が分かれます。
銀行系は審査が厳しい代わりに上限額が高く設定でき、逆に消費者金融系は銀行系よりは審査が甘いですが、上限額も低い設定になっています。
大きなお金が必要であり、返済計画もしっかり立てれるようであれば銀行系カードローンの方が良いでしょうが、緊急度合いが高い場合や少額で利用したい場合には、消費者金融系のカードローンの方がいいでしょう。

「カードローンとクレジットカードの違い」

オペレイター

 

クレジット会社の多くもカードローンを展開しています。
クレジットカードにキャッシング機能があることから、カードローンとの区別が付きにくくなっています。
カードローンとクレジットカードの違い、また利用シーンに合わせたメリットについてご説明します。

★金利の違いについて

クレジットカードのキャッシングの方がカードローンよりも金利が高くなっています。
クレジットカードはあくまでショッピングの利用をメインとしているため、融資を目的としているカードローンよりも高くなっているのです。
もし、お金を借りることをメインにしてクレジットカードの利用を考えているのであれば、カードローンへ切り替えた方がメリットがあります。ショッピングのついでにキャッシング、というイメージであることを認識しましょう。

★審査の違いについて

まだどこからもお金を借りていないという前提であれば、クレジットカードの審査よりもカードローンの審査の方が厳しくなっています。
先程もお話したように、クレジットカードはショッピングをメインにしています。
クレジットカードを利用しただけでは購入した商品はクレジット会社のもの、ということになっているのです。
実際には消費者の手元にありますからそのようなイメージが取りにくいですけどね。
クレジット会社からすれば、購入した商品が担保に入っていることと同じになりますので、担保無しでお金を貸すカードローンの方が審査が厳しくなっているのです。
ただし、既に借り入れがある場合には、クレジットカードでもカードローンでも同じように審査が厳しくなっていきますのでご注意ください。

★利用シーンにおける違いとメリット

カードローン会社からお金を借りて少額の商品を購入するのであれば、クレジットカードの利用にメリットがあります。
支払いを分割にできますし、ポイントや各種サービスが充実しているからです。
クレジットカードでは購入できないような高額な商品を購入する場合はカードローンにもメリットがありますが、そこまで高額な商品であれば、購入先でローンが組めることがほとんどですから、無理にカードローンの活用をする必要はありません。
カードローンのメリットは、急に現金が必要になった時の活用です。計画的に返済するためにも、カードローンで高額の金額を借りるのではなく、いざという時に使えるメリットを活かすことを考えた方が良いでしょう。

「複数社をまとめる借り換えとは」

ビジネス 接客

 

おまとめローンは、複数のカードローン会社で借りていたお金を借り換えできる制度です。
お金は複数のカードローン会社から借りることができます。
複数から借りたら、複数に返済をしなければなりません。
もちろん、それぞれのカードローン会社に利息を付けて返します。
返済1社にすることで、利息を下げ、返済が便利になります。
おまとめローンの概要について説明します。

 

★おまとめローンとは?

1社では限度額をオーバーしてしまった、分散させることで気持ちが楽になった、など複数のカードローン会社からお金を借りている人たちのきっかけは様々です。
複数に返済をしていると、ふと返済1社ならどれだけ便利かと考えるようになります。
そういった方のためにおまとめローンはあります。
1社に借り換えすることで、返済も1社だけを見れば済むようになり金利でもメリットがあります。
借りるときは複数のカードローンが気楽に感じていたのに、返すときには1社の方が気楽に感じるようになるものです。

 

★おまとめローンで計画的な返済を

カードローン会社のCMを見ていると、「ご利用は計画的に」と言われますよね。
お金は計画的に借りないと、計画的に返済ができません。
ただし、お金を借りる人の中には無駄遣いをしている人ばかりではなく、むしろどうしても緊急でお金を借りなくてはならなかったという人がほとんどではないでしょうか。
計画的に返済できるなら最初からそうしていると言いたくなるものです。
おまとめローンにすることで、複数のカードローン会社を利用していた時よりも返済計画が立てやすくなります。
返済計画が立てれると精神的にも楽になり、返済1社にすることのメリットが見えてくるようになります。

 

★借り換えのメリットを自覚する

おまとめローンによって、カードローンの返済計画が立てることができるとお伝えしました。
もう1点、金利のメリットがあるのかどうかも考えるようにしましょう。
複数のカードローン会社を1つにまとめることで、返済額や手数料が増えてしまう用では意味がありません。
おまとめローンにも審査が必要です。審査の申し込みをする前に、返済1社にすることで便利な部分以上のメリットがあるのかを明確にしておくようにしましょう。

「審査の甘いカードローン会社」

若い社会人

 

カードローンを利用するためには審査が必要です。
誰でもいいからお金を貸す、とはなりませんよね。
多くのカードローン会社では、お金を借りてくれる人を探していますが、貸したお金が返ってこないほど損をすることはありません。
しかし、審査を厳しくすると、今度は利用してくれる人の数が減ってしまいます。
カードローンの中でも即日に対応しており、30分あればお金を借りれるような審査が甘い会社もあります。
それらを利用する場合のポイントや注意点についてまとめます。

 

★審査について

お金を借りる時には審査が必要です。この審査基準も、カードローンの会社によって様々です。
銀行系のカードローンでは審査が厳しくなっていますし、消費者金融のカードローンは比較的審査が甘くなっています。
しかし、銀行系のカードローンは金利が低く、消費者金融のカードローンは金利が高いため、審査基準と金利でどこにメリットを置くかが大切になります。
銀行系のカードローン審査が厳しくなっているのは、社会的な信用もあります。
銀行にとってはお客さんにお金を貸す基準を高い位置に設定しておき、審査にも時間をかけてじっくりと判断するようにしています。

 

★消費者金融のカードローン

「今すぐお金が必要!」「今、お金が無いと困る!」というニーズは世間にたくさんあります。
銀行としては信用できる人にもすぐにお金を貸すことを敬遠してきました。
そのため、即日でお金が必要だという人は、基本的に消費者金融のカードローンを利用するようになったのです。
消費者金融のカードローン会社は、できるだけ早くお金を貸せるように、甘い審査にしてきました。
ただし、総量規制はありますから年収の3分の1を超えるようなお金を貸せなくなっています。
審査が甘いからといって、いくらでもお金を貸せるというわけではないのです。

 

★即日、30分で借りれるカードローン

消費者金融のカードローン会社にとっては審査のスピードが重要です。
即日にお金を貸すことができ、審査も30分以内というのを売りにしてきています。
誰もが名前を聞いたことがある大手の3社、アコム、プロミス、アイフルは即日での融資を可能にしています。
お金を借りるスピードも早くなり、また借りる場所も増えてきていますから、急に必要になったタイミングでお金を借りることができます。銀行に比べると審査も甘いと感じます。

Page 3 of 3

Powered by WordPress & Theme by Anders Norén