部屋でスマートフォンを見る女性

 

毎日のようにカードローンを使っているような人はおらず、タイミングやシーンに合わせて使いこなしている人がほとんどです。
いきなりお金が必要になるときに使われることが多いカードローンですが、他にどのようなシチュエーションで利用すると便利なのかをまとめてみました。

 

★カードローンはもしものために

いきなりお金が必要になることを想定して、カードローンにあらかじめ申し込んでおくと良いです。
いきなり今日必要!というシチュエーションが訪れても今はカードローンの審査が30分で完了し、即日に融資を受けることができます。
ただ、焦って申込をするとカードローン会社を比較する時間もありませんし、心の準備もできません。
いきなりお金が必要になるシーンに遭遇しないと、この感覚は分かりにくいかもしれませんが、事前にカードローンの申込をしておき、いざと言うときのために準備しておくといいでしょう。

 

★いきなりお金が必要になるシチュエーション

カードローンを利用するシチュエーションとして多いのが、冠婚葬祭です。
友達が結婚式をする、もちろん披露宴などに呼ばれている場合には早めに連絡がありますが、2週間前くらいに知らせを受けるとお金の準備ができません。
事前に知っていたとしても、次の給料からお祝い金を全て引くと生活を圧迫することもあります。
お葬式については本当にいきなりの連絡ですよね。
いきなりお金が必要になる冠婚葬祭時に使われることが多いですね。

 

★事故や事件などでいきなりお金が必要になるシチュエーション

街中を歩いていてどうしても欲しいものが現れたときにカードローンが使われることが多いと言う人もいますが、大抵そういった場合にはクレジットカードを利用するものです。
カードが利用できないくらいの少額のものであれば、カードローンはそもそも利用しませんからね。
どちらかというと急な事件や事故のシーンに遭遇した際に、いきなりお金が必要になることの方が多いです。
車の事故や、テレビなどの家電製品が故障した時などですね。クレジットカードではなく現金でなければならないようなシチュエーションが訪れることを想定して、カードローンの準備をしておくと便利です。