騒音に辟易する女性

 

カードローンでお金を借りるということは、当たり前のように返済をしなければなりません。審査を通すことに集中していると返済計画が疎かになることもあります。返済日に間に合わないと何が起こるのか、ブラックリストに載ってしまうのか、遅れていい限度はどれくらいなのか、など返済に関わる情報をまとめます。

 

★返済日に間に合わない場合の対応

カードローンでお金を借りたら、期限までにしっかり返すのが当たり前です。しかし、お金が足りていないからカードローンを利用するわけですから、余裕を持って返済するのが難しいのも確かです。返済日に間に合わない、ということが分かった時点で、放っておくのではなく、こちらから連絡をするようにしましょう。法律が変わってから厳しい督促は無くなりました。だからといって安心するのではなく、事前に連絡をしておくことが大切です。銀行や消費者金融に電話したことで、どのような情報が残るかは場面によって違いますが、いつまでに返済できるのかを伝えておくだけでイメージが変わります。

 

★返済日に間に合わないと何が起こるのか

返済日に間に合わないと、先程も話したように督促の連絡があります。しかし、銀行系や消費者金融系では、映画やドラマで見るような怖いお兄さんが来るようなことはありません。直接接触することを禁止されているのです。そのため、督促の連絡はかなり楽なものになっています。これに甘んじて多重債務を抱えてしまう人が増えているのも確かですので、督促が甘いからといって安心するのではなく、借りたものはしっかりと返すようにしましょう。

 

★ブラックリストに掲載される遅れていい限度

カードローンを利用すると、ブラックリストというキーワードに敏感になります。ブラックリストとは、個人信用情報に悪い情報が載ってしまうことです。ブラックリストに載ると、新たにカードローンに申し込んでも審査がかなり厳しくなります。では、どれくらい遅れてもいい限度になっているのでしょうか。実際には、一回遅延を発生させたくらいではブラックリストに載りません。3ヶ月ほどの延滞を起こしてしまうと、ブラックリストに掲載されるようになります。ブラックリストに載ると、カードローンだけではなく、車のローンや住宅ローンでもかなり苦労をしますので、延滞をしたら早めに連絡をして、しっかりと返済するようにしましょう。