若いビジネスウーマン

 

三菱東京UFJ銀行とKDDIの共同出資で出来た「じぶん銀行」もカードローンのサービスを展開しています。
じぶん銀行のカードローン、「じぶんローン」についてのおすすめポイントや、他のカードローンと比較した場合の評判などをまとめてみます。

 

★三菱東京UFJとKDDIの共同出資であること

じぶん銀行は、三菱東京UFJ銀行とKDDIの共同出資で生まれた銀行です。
銀行の出資で銀行が生まれるというのも不思議な感じがしますけどね。
じぶん銀行は、楽天銀行やジャパンネット銀行と同じようにネット銀行であり、実店舗を持っていません。
KDDIが出資しているのも、ネット回線やスマートフォンの利用を促進するためだと考えられます。
じぶん銀行では、スマートフォンで利用実績の確認ができますし、口座の開設もできます。
じぶんローンにおいてもスマートフォンを利用したサービスが今後も充実していくことが予想されます。

 

★即日借り入れが可能なカードローン

じぶん銀行の「じぶんローン」は、銀行としては珍しく、即日借り入れが可能な点が評判を上げています。
ただし、即日融資に対応しているのはじぶん銀行の口座を持っている人だけです。
ネットから申し込みができますから、口座開設から申し込み完了まであっという間です。
すぐにカードローンを利用したいと言う場合には難しいですが、事前に口座を開設しておき、カードローンの申し込みまでしておくとすぐに利用できるのでおすすめです。

 

★金利が高め

じぶん銀行を他のカードローンと比較すると、少しリスクを取り過ぎているイメージがあります。
まず、金利については他の銀行ローンよりも高めです。
本当の金利勝負になったらデメリットとして捉えられるかもしれません。
また、融資額に応じた金利が不透明な部分もデメリットの一つかもしれません。
ただし、じぶん銀行は総量規制の対象外であるため、じぶんローンを利用すれば年収の3分の1以上のお金を借りることができます。
ネット銀行で、多額の融資を受けるということに抵抗がない人であれば、このメリットを活かすのはおすすめします。
この先、ネット、スマートフォンを利用したサービスやポイント制度、活用の幅が広がっていけば自分ローンの活用度合いも増えていくことでしょう。