スーツを着た男性

 

借金返済に苦しんでいる人は、自己破産という選択肢があります。
自己破産というキーワードに重みがありますので、自己破産後とは、その後に何もできなくなることだと思われがちです。
問題なく返済しているときに自己破産を考える必要はありませんが、いざと言うときの選択肢として知っておいて損はありません。
自己破産の内容と、存在するデメリットについてまとめます。

 

★そもそも自己破産とは?

借金が膨れ上がって返済できないような状態に陥ると、自己破産が選択肢として浮かび上がってきます。
自己破産とは、借金で回らなくなってしまった人を助けようと国が考えている方法です。
つまり、自己破産をするということは、立ち直るための第一歩なのです。
してしまった借金に反省はしなければなりませんが、人格までも否定されるものではないことを理解しましょう。
自己破産の申請をして、裁判所が「この人には支払うパわーが残っていない」と判断すれば自己破産が確定します。
頑張れば返済できると判断されると自己破産が認められませんので、少し返済が苦しいというくらいで自己破産をすることはできません。

 

★自己破産後にできなくなること

借金が返済できないために自己破産をすると、できなくなることもたくさんあります。
まず、新たに借り入れをすることはできません。
これまで借金をしていて返済することになったわけですから、お金を借りることはできなくなります。
クレジットカードについても同様で、利用できなくなります。
ただし、会社に知られるわけでもありませんし、仕事に影響があるものではありませんので、ものすごく生活が不自由になるわけではありません。
一番のデメリットは、持っている財産を全て破棄しなければならないということです。
家も、車も手放すことになります。
デメリットである反面、考えれば当たり前のことであり、車を売って借金返済できるなら自己破産できないわけです。

 

★自己破産後にどうするか

自己破産をすると、仕事も家族も失うことなく、通常の生活に戻ることができます。
デメリットはありますが、新たな自分のスタートが切れるようになるわけです。
だからこそ、これまでの生活態度や生活習慣は抜本的に変えなければなりません。
もう二度と、同じことはしないという気持ちを持たなければならないのです。