確定申告書 ボールペン 電卓

 

カードローンの借金の返済を続けていると「このまま返済を続けることで、借金は減っていくのであろうか?」と思うことがあります。
カードローンの返済に苦しんでいる人は、多重債務となっていることも多く、自転車操業になり悪循環が発生、気付いたら返済が出来なくなった、なんてこともあるのです。
状況によっては、個人再生や自己破産も検討しなければなりません。
自己破産をしないといけない状況になる前に、返済計画をしっかりと立てておくことが必要です。

 

★債務整理をするメリットとデメリット

個人再生や自己破産をするメリットは、借金が軽減する、または0になることと、督促がストップすることです。
カードローンで借金をして返済が遅延すると督促の連絡が来るようになります。
法律で取り立てをするような行為は禁止されていますが、それでも借金を作ると精神的な負担があるのは確かです。
精神的な負担が軽減されるだけでも債務整理のメリットがあるといえるでしょう。
債務整理をすると、信用情報機関に登録されて、しばらくは借金ができません。
これまでよりも厳しい返済計画になるでしょうし、生活態度を切り替えなければなりませんが、お金を借りていたのは自分ですか覚悟はしなければなりません。

 

★個人再生と自己破産

簡単に言えば、個人再生は「再生」ですから、これまでの借金を一部免除するけれど、返すものは返してね、という方法です。
マイホームを手放す必要もありませんし、返済計画も厳しいものではありませんが、既に安定した収入があることが条件となっています。
かといって、これまでに借金をしてきているわけですから、マイホームを手放さないだけの何かを捨てていく必要は出てくるでしょう。
自己破産は、支払う能力がないと判断される人が選択する方法です。
ネーミングにインパクトがありますから、債務整理でも良く聞く名前でしょう。
自己破産をすると、借金が0になりますが、自分がもっている財産、資産は全て手元から離れていってしまいます。

 

★債務整理について

自己破産しないといけない状況になる前に、お金を借りたら期限までに返すようにしなければなりません。
債務整理をした人は、気持ちを入れ替え、お金に対する意識改革にかなりのパワーを要しているはずです。カードローンを利用する時には、計画的に利用しなければなりません。