online shopping

 

カードローンのカード紛失をしてしまった場合は、キャッシュカードやクレジットカードと同じように迅速な対応が必要になります。銀行や消費者金融によっても手続き方法は違いますから、まずは電話で問い合わせをして、再発行や返済方法について相談することが大切です。カード紛失時の対応方法や犯罪に使われる可能性などをまとめてみます。

 

★カードが当たり前の社会

クレジットカードの利用が当たり前になったことで、カード犯罪も増え続けています。ただカードを盗むだけではなく、カードの情報を抜き出し、新しいカードを作って悪用される例もあります。カードが増えることでそのカードを利用した犯罪のレベルもアップしていることになります。カードローンでお金を引き出す場合には暗証番号が必要だからといって安心できるものではないのです。カードローンに限りませんが、暗証番号は誕生日や郵便番号など予想できるようなものは省くようにしてください。

 

★カード紛失時の対応方法

カードローンのカード紛失時は、すぐに銀行や金融機関に連絡をするようにしましょう。そのため、できれば申し込みをしたタイミングで相談窓口の電話番号を携帯電話のアドレスに入れておくか、申し込み番号が記載されているページをブックマークしておくと便利です。落としてしまった場合、1枚だけ落とすというよりも、財布やカード入れごと落としていることが多いはずですので、他のカードに必死になってカードローンの手続きを忘れないようにしなければなりません。

 

★紛失時の手続き方法

カード紛失は日常茶飯事で起こっているため、銀行や消費者金融に連絡をすれば、丁寧に手続き方法を教えてくれるはずです。焦らずに口座をストップさせることからお願いするようにします。再発行や返済方法についてもその場で説明をしてくれますから心配するようなことはありません。クレジットカードは頻繁に利用することがあるかもしれませんが、カードローンを日々使い続けるようなことは無いはずです。カード紛失のショックを和らげるためにも、不要な時には財布などに入れたりせずに、違うところで保管しておくと良いです。