カード

 

現在の社会は、全てがカードで回っています。
電車に乗る際もカード、コンビニでの支払いもカード、自分のカード入れや財布を開いてみると、たくさんのカードで溢れていることに気付くでしょう。
財布を落とした際などは、キャッシュカードやクレジットカードに意識が行くと思いますが、同様にカードローンのカードを止めなければなりません。
カード紛失の場合、カードローンの返済はどのようにすればいいのでしょうか。
窓口での返済、ウェブでの返済はできるのでしょうか。
またその際に必要な持ち物などについてまとめていきます。

 

■カード犯罪

キャッシュカードやクレジットカードはもちろんのこと、カードローンのカードを紛失すると、様々なカード犯罪に巻き込まれることになってしまいます。
暗証番号なんて分からないと思われていますが、誕生日や電話番号など誰でも分かりやすい暗証番号にしていることが結構多いのです。
カードローンの暗証番号についても他の人に予想されにくい番号を設定するようにしておきましょう。

 

■カード紛失時の対応

まずは、カードローンの発行元に連絡をし、カードをストップしてもらうようにしましょう。
キャッシュカードやクレジットカードと同様に迅速な対応をしてくれます。
また、すぐに再発行をしてもらうようにしておいた方がいいです。
返済が滞ってしまう事とカードを失くしてしまうことは一致しません。
窓口での返済方法は、自分を証明できる免許証や保険証が必要な持ち物になり、返済できるのであれば、そのタイミングですぐに返済するようにしておきます。

 

■ウェブでの返済

カードローンをストップしても窓口に行く時間が無い人もいます。
その際、返済が滞ってしまうとブラックリストに載ってしまう可能性もあるのです。
そのため、返済の時期が近くなっているのであれば、先にウェブで返済するようにしましょう。
ウェブでの返済においては必要な持ち物もありませんし、返済する金額さえしっかり用意しておけば口座から吸い上げてくれます。
だいたいのカードローン会社では同じ対応になりますが、まずは問い合わせ先に連絡をして、今後どのような対応が必要でどのようなリスクがあるのかをチェックしておきましょう。