苦悩する男性

 

カードローンを同時に何社かに申し込む事は可能です。
複数のカードローンに申し込んで審査をしている段階、つまり借りる前に開設することも理論上は可能です。
ただし、カードローンを複数同時に申し込んだ場合には様々なデメリットもあります。
カードローンを複数申し込んだ場合の背景と注意点についてまとめます。

 

★総量規制と限度額

消費者金融系のカードローンには総量規制がありますので、他のカードローンを借りる前に開設してもらったとしても最大で借りれる金額は決まってしまいます。
年収300万円の人は、最大でも100万円までしか借りることができません。
これは同時に申し込んだ金融機関の合計になりますし、既にローンを組んでいる人は、その差額分までしか借りることはできません。
銀行系のカードローンであれば気にすることもありませんが、審査が厳しく、同時に申し込まなければならない状況になっている人にはあまり適していません。

 

★審査が重要

まず、カードローンは同時に何社まで可能か?という点が気になります。
申し込みだけであれば、何社でも可能です。申し込み後の審査が重要なのです。
カードローンに申し込むと信用情報機関に登録されます。
信用情報機関は、審査するカードローン会社が申し込みをした人の情報を落としてきて、これまでに延滞をしたことがないか、今どれくらいの借金があるのかを調べます。
そして、この人にお金を貸していいのかを判断しているのです。
同時に複数の申し込みを見たカードローン会社はどのように審査するでしょうか?

 

★カードローン会社が審査で感じること

複数のカードローンに同時に申し込むと、信用情報機関からの情報を見て審査が通りにくくなります。複数申し込んでいるということは、今お金が回っていないのではないのか?他の銀行や消費者金融から断られたのではないか?カードローン会社からすればお金が返ってこない可能性が高いと感じてしまうのです。同時にカードローンを申し込むことは可能ですが、多くても2社までとしておくのが定石となっています。審査で落ちる可能性があるから同時に申し込みたい気持ちも分かりますが、少しでも時間に余裕があるのであれば、1社ずつの方が好ましいといえます。