portrait of asian businesswomen

 

カードローンの審査では、最終的に在籍確認が行われます。
銀行や消費者金融からすれば、安定した収入があると申請されていても、本当に申請通りに会社に勤めているか分かりません。
そこで、カードローンを申し込んだ会社のオペレーターから勤務先に電話があり、本当に在籍しているのかどうか確認されるのです。
在籍確認なしのカードローンもありますし、バレるとまずい人のための対応もあります。
カードローンの在籍確認についてまとめます。

 

★バレるとまずいカードローン

銀行や消費者金融でお金を借りようとすると、職場に在籍確認の電話が入ります。
カードローンに申し込んでいることを会社に知られたい人などいないはずなので、在籍確認の電話はやめてほしいと思う人がいるかもしれません。
しかし法律では、第三者にお金を貸していることを知られてはいけないことになっているので、職場への在籍確認時も「個人」として電話をかけてくれます。
まず、バレるようなことはありません。それでも怖いなと思っている人は、事前に調整することも可能です。
カードローン会社は在籍していることが分かればいいので、直近の給与明細や保険証でも確認OKとしてくれるところがあります。
指定した会社名で電話をかけてくれるところもありますので、バレるとまずいと不安に思う人は、相談をしてみてください。

 

★アルバイトやパートはどうなるの?

アルバイトやパートの人がカードローンを申し込む際も同じように在籍確認の連絡が入ります。
派遣社員でも同じように、派遣会社へ連絡があります。
会社と同じように、個人名での電話ですからバレることはありません。
しかし、普段アルバイトや派遣社員向けに電話がかかってくることはないでしょうから、怪しまれることも可能性として考えられますので注意が必要です。

 

★在籍確認なしでカードローン

在籍確認なしでカーロドーンに申し込むこともできます。
会社に勤めていることが分かるように、証明書類のコピーで申し込むことができるのです。
最近は、WEBでの申し込みも増えてきていますので、必要な手続きを出来るだけ短縮させるようにしている傾向があります。
ただし、WEBでカードローンに申し込んでスピード審査であっても、職場への在籍確認がある場合がほとんどですので、事前に確認しておいて損はないでしょう。